主婦の品格







「どや顔サミット」の主婦の品格見たら
とっても主婦のお勉強になりました。

どれだけ出来ないか笑って見てやろうぐらいな気持ちで見たのですが
自分も見事に品格なしであったろうと反省です。

卵焼きを焼くのも上手に出来なそうですが
焼き魚の食べ方は勉強になりました。


日本一うまい魚の食べ方


私も見事にお皿の上が大惨事になっていましたが、
見たおかげで次回からはキレイに食べれるかな?
だんなさんにも自慢しちゃおう。

ちなみに、真ん中に切り込みを入れて
食べる分だけの身を取って頭から尾に向かって食べる。
中骨を取ってよけて、下の身を食べるんですね。
って文にすると伝わりにくいんですが
これを機に焼き魚をきれいに食べれるようにならなければ!
子どものお手本にならなくてはいけないですもんね・・・


「訪問」と「もてなし」のマナー―ホームパーティー、帰省から冠婚葬祭、家庭訪問などまでシーン別に基本がわかる (セレクトBOOKS)










お母さんという生き方





 

おススメ記事
働くママの子供との関わり方
親を信じる子供に育てる方法
育児の心得


昨日のテレビ「お母さんという生き方」を見ました。

色々な形のお母さんがいる。
でも、みんな子供を愛している。

シングルマザーの母親で、保育園に子供を預ける時に
子供が泣いて、その鳴き声を背に仕事へ向かう。
もう、号泣しました。

彼女は、母親から「あなたがいたから大変」みたいな事を言われ
育ってきたそうです。
だから、彼女は子供には、「あなたがいたから、がんばれた」と
言っていきたいと言っていました。

私も小学生低学年くらいまでシングルマザーの母親に育てられました。
母は夜のお仕事だったので、夜は1人でお留守番していました。
朝もパンを自分で買いに行って食べて学校へ。

当時はそれが当たり前だったけど、
でも、学校から帰ってお母さんがいる家、
おやつが用意されている家、と言うか
普通の家庭がうらやましいなー、とは思っていました。

だから、私は子供に寂しい思いはさせたくないと思います。
それは、1人っ子にしたくないってことです。
私は1人っ子が長くて寂しかったので。

きっとみんな、子供の時に自分がイヤだったことを
自分の子供にはさせたくないと思うんですね。

でも、兄弟が多い子は、1人っ子に憧れるかもしれないし。
結局、「ないものねだり」ですね、人間って!

そして、最後に2歳でガンを発病し、
3歳で亡くなったお子さんのお母さん。
もう、声を出して号泣しました。
5年経過して、「なんで逝っちゃったの」じゃなく
「来てくれてありがとう」と思っているそうです。

あと、お子さんを亡くした親御さんが
「子供が息をしているだけでありがとうです」とおっしゃっていました。

子供を産んだ時は、「産まれてくれてありがとう」と思うけど、
育てているうちに、「こんな子供になって欲しい」と
欲張りになりがちだけど、
子供には「生きているだけで、ありがとう」を忘れないようにしないと・・・
と、思いました。










はじめまして





JUGEMテーマ:自己紹介




はじめまして?
って、ブログを引っ越しさせました。

ruru*ママです。
アラフォーです。

1歳の息子がいて、育児に追われる日々ですが
裕福ではないけど、つつましく家族3人で幸せにやっています。

おしゃれな主婦でもないので、
気取らず本音で綴っていきたいと思っています。
よろしくお願いします。






| 1/1PAGES |

ranking


人気ブログランキングへ

にほんブログ村 子育てブログ 男兄弟だけへ
にほんブログ村

クリック応援してくれると、
励みになります♪

PR

PR

ベルメゾンネット

ニッセン

クリアランス特集【トイザらス】